基本的に風俗店を利用するときは店舗を介しますが、このように店を介さずに風俗嬢と男性が会ってプライベートな時間を過ごすことを、「店外デート」と呼びます。

「日々、多くの男と接している風俗嬢が、俺を特別扱いして店外デートに応じてくれた

そう思うことはあながち間違いではないでしょう。

常連客でいつも自分にお金を落としてくれる客の希望に応えようとするのはなにも風俗業界に限ったことではありません。

しかし風俗嬢との店外デートは多くの危険を孕んでおり実際にトラブルに発展することも少なくありません。そこでここでは、店外デートの危険性ついて風俗トラブルに詳しい弁護士がわかりやすく徹底して解説します。

風俗トラブルに強い弁護士に無料相談する
日本一気軽に相談できる法律事務所です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

風俗嬢との店外デートについて

店外デートと同伴の違い

店外デートはプライベートでのデートという位置付けになるため、そこでサービス行為が行われたとしても、風俗店にはなんらの利益も生じません

似たような行為に「同伴」や「アフター」というものがあります。基本的に同伴やアフターは性風俗店ではなく、キャバクラなどで行われるものです。同伴とは、女性が利用客男性と一緒に店に入ること、アフターはその逆で、店から女性と利用客が一緒に出て行くことを指します。

店を介するため、店舗側としても確実に客が来るというメリットがあるのが同伴です。一方で、店外デートは風俗店にメリットはありません

風俗嬢が利用客を店外デートに誘う理由

稀にですが、風俗嬢から店外デートを持ちかけることもあります。男性心理としては「自分のことを気に入ってくれたから」と思いたいものですが、必ずしもそうではないので注意が必要です。

お客が支払った料金のうち、風俗嬢の取り分の割合(バック率)の一般的相場は、女性6:店4となります。例えば2万円男性が支払った時、バック率が60%とすれば、風俗嬢の手元に来るのは12,000円ということになります。

これに対し、店外デートでは男性の支払が丸々自分の手元に入ることになります。ですので、男性と直接やり取りをした方が儲かると考えて、店外デートを提案してくる風俗嬢も少なくありません。

風俗店は店外デートを禁止している

店を介して女の子と店外デートを愉しめるオプションプランを設けている場合は別として、店の外で、男性客と風俗嬢が直接お金のやりとりをすれば、店には一切利益が入ってきません。

ですので、必ずといっていいほど、利用規約で店外デート禁止を謳っています。また、店外デートが発覚した場合は厳しいペナルティーを課す旨の契約が風俗嬢との間に交わされていることがほとんどです。

さらに、店舗によっては、利用客に対しても規約違反を根拠に「罰金」「損害賠償」などの名目で高額の金銭を要求して来るところもありますので注意が必要です。

風俗嬢との店外デートが危険な7つの理由

見てきたように、風俗店が禁止している店外デート。店舗にバレてしまうリスクもありますが、他にも店外デートには危険な理由があります。

1.風俗店を介さないので自己責任で解決しなければならない

店外デートで何らかのトラブルが起きたとき、風俗嬢が所属している風俗店に対して訴えることはできません。店は介入していないので、トラブルが起きたら全て当事者同士で解決する必要があります

もちろん、風俗店はお客の本番強要や盗撮には目を光らせていますが、それと同時に、優良店であれば、女の子がお客にたいして問題を起こさないように従業員の徹底管理もしています。

つまり、お客側が規約違反さえしなければ逆に安心して遊ぶことができるということです。

しかし、店外デートではそういった監視の目がありませんので、詐欺や脅迫などの悪事を働きやすい環境にあるといえます。優良店を通じて、店の監視が行き届く範囲で遊ぶことが一番の対策と言えるでしょう。

2.風俗嬢に個人情報を知られるリスク

風俗嬢と店外デートをするときは、当日お互いに連絡が取り合えるよう、携帯番号を交換する人がいます。

しかし、以下の記事を読んでいただけたらわかりますが、携帯番号から個人情報を調査することは簡単にできます

後々トラブルが起きたときに、氏名・住所・勤務先等の個人情報を知られてしまうリスクがある以上、携帯番号を教えずに、LINEやメールだけでやり取りするように心がけましょう。

3.店から脅迫・罰金請求の被害にあう

店外デートが風俗店にばれてしまい、「店外デートは規約違反ですので、罰金を支払ってください」と要求されるケースです。

この場合、数十万円を要求するケースが一般的ですが、利用客側としては「規約違反したのだから罰金を要求されても仕方がない」という考えに至りがちです。

しかし、以下の記事をご覧になっていただけたらわかりますが、風俗の罰金に法的な支払い義務はありません。

もし、「支払わなければ家族や勤務先に全部バラす」等の脅しがあったとすれば、悪質な恐喝行為として警察が逮捕に踏み切ってくれる可能性が十分にある状況です。

弁護士に穏便に解決してもらう場合も含めて、脅された証拠があると有利に争えます。お店との会話がすぐに録音できるように、スマホのICレコーダー機能や、通話の録音機能を確実に扱えるように対策しておきましょう。

店と女性がグルになっていることも

さらに悪質なのは、風俗店と女性側がグルになっているパターンです。通常の店外デートは、風俗嬢が店に黙って行うものです。しかし、店と風俗嬢が結託して男性利用客をはめ、多額の罰金や慰謝料を手に入れようと画策することもあります。

予防策としては、実際の利用客からの評判が掲載されている掲示板や口コミなどで危険な店を避ける以外にありませんが、もしも被害に遭ってしまった時には、早い段階で弁護士にご相談ください。

4.彼氏と名乗る男から恐喝される

店外デートをした後で携帯に、「女性の彼氏」「女性の夫」を名乗る男性から連絡が入るケースもあります。

この場合は「既婚だと知ってて俺の妻に手を出したんだろ?不倫だよな」「彼女がお前に本番強要されて精神的に参ってしまって仕事に行ってない」など、利用客に交渉してくるのが特徴です。

風俗嬢が直接出てくることはほぼなく、「妻は〜と言っている」「彼女は〜の状態だ」など、状態を又聞きで聞かされることが多いのです。こちらも目的は金銭で、店外デートによって女性が被害を被ったことを主張してきます。

そして、「不貞の慰謝料請求で訴訟を起こす」「警察に強姦で刑事告訴する」など、因縁をつけてくるケースもあります。

5.妊娠詐欺の被害にあう

店外デートに応じている時点で、風俗嬢と男性客との間にある程度の信頼関係が築けていることから、本番行為に至ることも少なくありません。

しかし、こういった店外デートでの本番行為を利用して妊娠詐欺を行う風俗嬢も中にはいます。店では本番を禁止されているため、お客と揉め事になっていることが店に知れると自分も責められる可能性がありますが、店外だとその心配もないからです。

妊娠の事実はないにもかかわらず「中絶費用を払ってほしい」「妊娠で暫く出勤できなくなった。休業補償してほしい」などの名目で数十万、数百万のお金を風俗嬢から騙された、という相談も少なくありません。

もちろん妊娠が嘘であれば要求に応じる必要はありませんし、もし妊娠が事実だったとしても、相手の要求を全て飲まなければならないわけではありません。以下の参考記事に、妊娠詐欺の対処法が詳しく解説されていますので、合わせて読むことをおすすめします。

6.借金を頼まれて踏み倒される

「あなたは特別だから」「プライベートでも会いたい」などと言葉たくみに店外デートをしようと持ちかけ、数回店外デートを重ねてすっかり信頼させた段階で「実はお金に困っている」と個人的な相談を持ちかけて来るケースがあります。

女性に情がわいて「風俗店で働くのだから苦労しているに違いない」と考えて安易に借金の申し出を受け、結局は踏み倒されるというケースも少なくありません。

金銭の貸し借りですので、消費貸借契約が成立しますが、多くの場合は口約束で借用書もありません。また、返済期日や利息といった通常当事者の間で取り決めておくべき内容についてもしっかりと取り決めがなされるケースはほとんどありません。

口約束でも契約は成立しますが、返済されなかったときに法的措置を取ろうと思っても、証拠がなければお金を取り戻すことが難しいケースもあります。

もしもお金を貸して欲しいと言われた場合、まずは「返ってこないお金である」可能性をしっかりと覚悟してください。その上で、借用書をしっかりと交わし、相手の身分証明書のコピーを控える・身元保証人の情報をもらうなど、万が一に備えて対策を立てる必要があります。

7.強姦されたと主張される

「強姦された」と風俗嬢が主張してくることは、なにも店外デートのケースに限ったことではありません。店を介していても本番強要されたと騒がれることはよくあります。

しかし、風俗店を介している場合は女性がアルコールを摂取してから性的サービスを行うことはありませんが、店外デートではそれが成り立ちます。これを悪用する風俗嬢が中にはいるのです。

具体的な手口としては、男性客とアルコール類を含む飲食をしてからホテルに移動し、性行為のあとに、「酩酊している中で無理やりホテルに連れて行かれた」と主張して示談金等を要求してきます。

法律上、お酒や薬等で相手が抵抗できない状況に性行為に及んだ場合には、準強制性交等罪(以前は、準強姦罪という罪名でしたが法改正で改名されました)として処罰されます。

この法律を悪用し、「酔ってて記憶がない(あるいは酩酊してて反抗できない)中でホテルに連れて行かれてレイプされた。警察に被害届を出しに行く」「それが嫌なら慰謝料(示談金)を払え」という流れに持ち込むのです。

実際にこの手の被害相談は非常に多いので、店外デートではアルコールを摂取する食事は控えるようにしたほうがいいでしょう。

風俗トラブルに強い弁護士に無料相談する
日本一気軽に相談できる法律事務所です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

店外デートは風俗嬢にとってもリスクがある

これまでは、利用客が被害にあう事例を紹介してきました。しかし被害にあうのは男性客だけではありません。風俗嬢が店外デートで被害に遭っているケースも少なくないのです。

風俗店が絡まないので全て自己責任

店で会っている時は優しい客だったのに、外で会ってホテルに行ったとたんに態度が豹変し、暴力を振るわれるケースも少なくありません。それがもしも仕事中のことであれば、お店のスタッフに報告すれば利用客に対して警告してくれたり、悪質ならば出禁にしてくれたりといった処置を取ってくれます。

しかし店外デートは完全に自己責任です。もし何かあったとしても、お店はそもそも店外デートを禁止しているため相談することすらできません

店にバレた時は解雇、罰金

店外デートが風俗店にバレてしまった場合に、風俗嬢に課されるペナルティーの内容は解雇か罰金となります。どちらか一方だけのケースもあれば両方のケースもあります。

最近では、即解雇せずに、高額な罰金を支払い終わるまでは給与から天引きする方式で、いつまでもお店を辞めることができずに困っているという相談が非常に多くあります

しかし、これらの風俗店の行為は違法であり、女性は罰金を支払う必要もなければ自由に辞めることもできます。詳しくは以下の参考記事にわかりやすく解説していますのでご覧になってください。

利用客男性から脅迫される

店外デートが店にバレてしまったら、風俗嬢が受ける損害は大きなもの。それを逆手に取って、「店に言われたくなかったらいうことを聞け」などと脅迫してくるケースも少なくありません。

具体的には、口止め料として金銭を要求されたり、今後は無償で性行為に応じるよう強要されたりします。

「店外デートがバレてしまったらお店にいられなくなる」「契約違反で多額の罰金を支払わせられる」と、泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません

男性客からストーカーされる

少なくないのが、店外デートの男性客からストーカー被害に遭ってしまうケースです。

そもそも、店外デートは、ホテル代や女性への性的サービス料のほかに、飲食費なども発生することもあるため、男性客からしたら経済的負担は大きくなります。にもかかわらず店外デートを希望するのは、風俗嬢とより親密になりたいという好意の表れです。

そして、風俗店を介さずにプライベートで会うことで、風俗嬢がまるで恋人になったかのような錯覚に陥ってしまうのです。また、女性が店外デートに応じる=自分に好意を持っている、という勘違いをするお客も少なくありません

彼らの独占欲が肥大すると、他の客と接するのを阻止しようと、お店を辞めるようにしつこく迫ってきたり、しつこく連絡をしてくる・脅迫まがいの言動をするなど、風俗嬢へのストーカー行為がエスカレートしてきます。

店外デートのトラブルは弁護士に相談ください

店外デートのリスクについて解説してきましたが、この記事を読まれている方のなかには既に風俗トラブルに巻き込まれてしまっている方もいることでしょう。

「自分の蒔いた種だから...」と、誰にも相談できずに言われるままにお金を払い続けているという人は少なくありません。しかし、一度お金を払ってしまうと、「もっと払わせよう」「もっと取れるはず」と要求がエスカレートしていきますので、「これだけお金を払えば解決するだろう」と希望的観測を持つのは厳禁です。

もしも風俗の店外トラブルでお悩みであれば、一人で悩まずまずに、当弁護士事務所にお気軽にご談ください。家族や周囲に知られることなく、トラブルに遭う前の平穏な暮らしを取り戻せるよう全力で弁護士が対応します。

風俗トラブルに強い弁護士に無料相談する
日本一気軽に相談できる法律事務所です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。