「あなたの子を妊娠したみたい」

自分の本命の彼女や妻以外の女性にこう言われて動揺しない男性はいないでしょう。

「早くしないと中絶できる期間が過ぎてしまう」「生まれたら認知して養育費を払わなくてはならない」…など様々な不安が頭をよぎることでしょう。

しかし焦ってはいけません。妊娠詐欺の可能性があるからです

ここでは、妊娠詐欺の手口や嘘の見抜き方、被害にあったときの対処法など、解決のために必ず知っておくべき知識について弁護士がわかりやすく丁寧に解説していきます

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 恐喝・脅迫の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

妊娠詐欺とは

妊娠詐欺とは、妊娠したかのように嘘をつき、中絶費用等を騙し取ることを言います(中絶詐欺とも呼ばれています)。

中には、流産をした、子供が産めない身体になったと嘘をついて慰謝料を請求してきたり、しばらく仕事ができなくなったと休業補償を求めてくることもあります。

特に、ネットでの出会いや、割り切り・援助交際、ワンナイト、遊びで関係をもった場合にこのような被害にあうケースが目立ちます。

妊娠詐欺の相談事例

妊娠詐欺(中絶詐欺)で弁護士に相談される事例の中から、よくあるケースをピックアップしました。全てのケースが妊娠詐欺とは言い切れませんが、あなたが被害にあったのかどうなのかの判断材料としては有効ですので、さっそく見て行きましょう。

ケース①:避妊したはずなのに妊娠したと言われている

出会い系アプリで知り合った女性とその日のうちに肉体関係をもったところ、1ヶ月ほどして、「生理が来ないので妊娠検査薬で確かめたら陽性だった」と連絡が来ました。中絶費用の請求もされています。ちゃんとコンドームも装着していたのに納得がいきません。

ケース②:エコー写真と妊娠検査薬の画像が送られてきた

チャットで知り合い、リアルで肉体関係を持つようになった女性から妊娠したとメッセージが届き、中絶費用を払って欲しいと頼まれた。エコー写真と陽性反応の出た妊娠検査薬の画像も送られてきた。

ケース③:診断書を見せられた

twitterで知り合って身体の関係を持った女性から、妊娠したので話し合いがしたいと呼び出され、産婦人科の医師が書いた診断書を見せられました。中絶同意書へのサインと、診察費や中絶手術の費用、術後の治療費を合わせて前払いして欲しいと言われている。本当に自分の子供であるか疑わしい。

ケース④:高額な中絶費用を請求されている

飲み屋で女性と意気投合してその流れでホテルに行き性的関係を持ちました。後日、「妊娠したので堕胎費用が50万円かかるので払って欲しい」と言われました。酔っていて、ちゃんと避妊したかは覚えていませんが、もし妊娠が本当だとしてもそんなに費用がかかるものなのでしょうか

ケース⑤:慰謝料を請求されている

SNSで知り合って実際に遊ぶようになった女性と先日初めて男女関係になりました。その後、女性が妊娠したとのことで、中絶費用として20万円渡しました。しかしさらに、「手術の痛みと子供を堕したことで心身ともに傷を負った」と言われ200万円の慰謝料を請求されています。

ケース⑥:休業損害を要求されている

仲良くなった風俗嬢とLINEのやりとりをするようになりました。ある日、いつものようにその子を指名して、本番行為をしたのですが、後日妊娠したとのLINEメッセージが送られてきました。人口妊娠中絶はすでに済ませたが、手術の影響でしばらくお店で働けないので、休業損害として100万円を要求されています。中絶の同意書は自分で書いたそうです。

ケース⑦:出産費用と養育費を請求されている

数ヶ月前まで男女関係にあった女性からしばらくぶりに連絡があり、「別れた後に妊娠に気づいた。私には赤ちゃんを殺すなんてできなかった。」「もう堕ろせない時期だから出産する。出産費用と養育費を先払いで払って欲しい」と500万円請求されている。もうとっくに別れたのに今更そんなことを言われて困っている。

ケース⑧:家族や会社にバラすと脅されている

遊びの関係で付き合っていた女性から妊娠したと告げられ、中絶費用の要求を拒否したところ、「払わないならアナタの家族や会社にばらす」と脅迫されている。妻や職場に知れたら離婚や解雇などに発展するのではと怖くて仕方がない。

ケース⑨:夫と名乗る者に脅迫された

出会い系サイトで知り合った女性とその日のうちにラブホテルに直行した。後日、妊娠したので中絶してくると一方的に言われ、多額の中絶費用を請求された。妊娠の証拠を見せるまで支払えない旨伝えると、男性の声で電話があり、「人の妻に手を出しやがって。不貞の慰謝料を払ってもらうからな。お前の家も職場も調べりゃすぐわかるから逃げるなよ」と脅迫された。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 恐喝・脅迫の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

妊娠詐欺の手口

”偽装”の証拠を用意する

海外サイトやネットオークションで販売されている陽性反応の出た妊娠検査薬や、ネットの画像検索で手に入れたエコー写真で男性を信用させます(偽造エコー写真の購入のケースもあり)。稀ではありますが、テンプレート配布サイトからダウンロードできる医師の診断書を偽造していた事案もあります。

偽装された証拠であるかどうかは、妊娠の嘘を見抜く方法で確認することが可能です。

また、偽造した物を見られたら嘘が見破られるリスクがあるため、会うことを避け、メールやLINE等に画像を送って騙そうとすることも良くあります。

一方、女性が会うことに同意して、”偽造した妊娠の証拠”を持参することもあります。しかし持ち帰られて偽物であることを調べられないようその証拠となるものを手渡すことはしません

他の男性との間で妊娠したことを利用してくることも

女性がたまたまパートナー(夫や彼氏)との間で妊娠したことに乗じて、他の男性に妊娠詐欺を働く手口もあります。

妊娠自体は事実であるため、本物の診断書やエコー写真を証拠として男性に突きつけることができます。そのため、詐欺被害に男性が気付きにくいとう傾向があります。

この手の妊娠詐欺を働く女性に、出生前の親子鑑定(DNA鑑定)を提案しても応じることは当然ありません。

詐欺が通用しないとなると恐喝してくる

詐欺が通用しないなら恐喝”という二段構えの手口もあります。「お金を払わないなら奥さんや勤務先に事実をばらす」というのが常套句です。

男性の住所や職場は、携帯番号から個人情報を調べたり、ホテル内で免許証や保険証、勤務先の名刺等を盗み見たり、巧みに聞き出すなどして確保します。

また、夫と名乗る者が登場して不貞(不倫)の慰謝料を請求してきたり、彼氏と名乗る者が恫喝してくる美人局の手口もあります。

妊娠中絶詐欺の証拠となるものは?

妊娠中絶詐欺の証拠があれば、警察が逮捕に踏み切ってくれる可能性が高まります。また、弁護士が女性からの不当請求や嫌がらせをストップさせるための交渉材料としても使えます。では、どのようなものが証拠となりうるのでしょうか

他人から入手した検査薬やエコー写真

オークションサイトやフリマアプリ等では、陽性反応が出た市販の妊娠検査薬や、エコー写真が出品されているため入手は容易です。中には、本当に妊娠している友人から貰って悪用するケースもあります。

しかし、妊娠検査薬については、それに含まれる尿をDNA検査すれば他人のものであることが判明します。女性がDNA鑑定に必要なサンプル(口膣内を擦った綿棒が一般的)の提出を拒むようであれば、タバコの吸殻やコップなど唇を接触させたものなどを入手して検査が可能です。

参考:DNA検査可能なもの・分析費用|法科学鑑定研究所

また、エコー写真も病院によってフォーマットが違いますので、女性が中絶手術を受けたという病院に照合すればそれがその病院で発行したものでないことは直ぐにわかります

偽造した診断書や同意書

診断書や中絶同意書はシンプルな様式ですので、Wordで作成することも簡単にできます。また、テンプレート配布サイトでもサンプルが手に入ります。しかし、これらも病院によってフォーマットが違うため、病院に確認すれば偽造はすぐに明らかになるでしょう。

なお、診断書・同意書の偽造は、私文書偽造になりますので、詐欺以外の犯罪の証拠にもなります。

加工された画像

妊娠検査薬、エコー写真の実物ではなく、LINEやメールで、それらを撮影した画像を送ってくるケースがあります。しかしこれらはネットの画像検索で簡単に手に入るものであり、フォトショップ等の画像編集ソフトで加工することも簡単です。

たとえ実物ではなく画像であっても、偽造したものであれば、民事・刑事どちらにおいても証拠として採用されます。

女性とのやり取り

女性からメールやLINE、SNSのメッセージ機能などで妊娠についてのやり取りが行われた場合、それらのやり取りは消さずに必ず残しておきましょう

いつ・どこで・どのような方法で妊娠検査をしたのか、妊娠週数、中絶費用の額などについて女性との間でやり取りされると思います。これらのやり取りの中に嘘や矛盾が見つかれば、妊娠詐欺の証拠となるからです。

電話や直接会って会話する場合は、スマホの通話録音アプリや、ICレコーダーで話し合いの内容を録音しておくとよいでしょう。

妊娠詐欺は無視しても大丈夫?

「妊娠詐欺にあったようなのですが、対応としては無視でも大丈夫でしょうか?」このような質問が、ヤフー知恵袋や教えてgooなどの質問サイトで飛び交っています。

「メルアドや電話番号を変えて放置すればいい」という意見が目立ちますが、対応方法としては、半分正解で半分間違いです。

無視をして良い場合は以下の2つの条件が両方当てはまる場合です。

無視して良い条件①:妊娠が嘘である可能性が極めて高い

女性の言動がなんとなく怪しい…。こういった自分の勘だけで判断するのはリスクが高すぎます

もし本当に女性が妊娠していた場合、妊娠22週目に達すると中絶ができなくなります。男性に連絡を遮断され、中絶費用も準備することができず、中絶可能期間が過ぎてしまうケースもあります。

そして、女性は子供を出産せざるを得なくなり、産んだ後はあなたに認知請求をしてくることでしょう。認知請求調停の過程でDNA検査が行われ、男性が子供の父親であることがわかれば、強制認知が認められるでしょう。

そうなれば、養育費の支払や、将来的には相続財産がその子に渡るなど、金銭的な損失は計り知れません

「妊娠詐欺っぽい」という曖昧な判断で無視するのではなく、妊娠の嘘を見破る方法をしっかりと読んで、詐欺であることに確信がもてるレベルまで確認をするべきです。

無視して良い条件②:個人情報を知られていない(知られるおそれがない)

妊娠が嘘の可能性が極めて高いから一安心。とはならないケースもあります。

妊娠詐欺をはたらくような女性は、男性の個人情報がわかればお金になることを知っています。

先ほどもお伝えしたように、妊娠詐欺の特徴は、「詐欺が通用しないなら恐喝へ」という2段構えの手口です。

氏名や住所、勤務先などの個人情報を既に知られていたり、携帯番号を知られているケースでは、無視することで自宅に押しかけてきたり、職場に電話してくるなどの嫌がらせ行為に及ぶことも少なくありません。

そのため、妊娠が嘘であることに加え、個人情報を知られていない(知られるおそれがない)場合に初めて、”無視する”という対応が正解となるのです。

事実確認ができるまでは絶対にお金を払わない

妊娠詐欺では…と疑いつつも、早く対処しなくては問題が大きくなる。そう焦ってしまい、「お金で解決できるならば…」と女性の求めに応じて支払をしてしまう男性も少なくありません。

しかし、焦って支払ってしまったことで「カモ」扱いされ、継続して金銭を毟り取られる被害が続出しています。どのような理由があれ、妊娠が確認できるまでは『絶対にお金は払わないで下さい』

処罰感情が強いなら警察へ

妊娠詐欺は、”妊娠が嘘である”ことの証明が難しいため、警察が逮捕に踏み切ってくれるケースは多くありません。

しかし、何度も金銭請求してくる、恐喝が伴うといった悪質性・違法性の高いケースでは逮捕してくれる可能性も高まります。

相手への処罰感情が強いのであれば、妊娠詐欺の証拠を持参し、被害届や告訴状を提出しましょう。

穏便に解決したいなら弁護士へ

妊娠詐欺を”おおごと”にして家族や勤務先に知れたら困る方は弁護士に穏便に解決してもらうようにしましょう

弁護士が、刑事告訴や訴訟も辞さない姿勢で交渉にのぞめば、逮捕や損害賠償を免れたい相手は聞く耳を持たざるを得ません。

また、弁護士は弁護士法23条の照会制度を利用すれば、相手女性の身元や素性を調べることも可能です。なお、病院によって応じるかどうかは異なりますが、女性が診察を受けたと主張する病院に対して情報開示を求めることも弁護士であれば可能です。

彼等の目的は”お金”です。弁護士が交渉すれば多くのケースにおいて穏便に解決が図れますのでまずは相談してみましょう

当法律事務所では、示談やその他の方法も含め、家族や職場に知られずに妊娠詐欺の被害を穏便に解決することを得意としております。親身誠実に、そして日本一気軽に相談できる法律事務所ですのでどうぞ遠慮なくお電話下さい。相談する勇気が解決への第一歩です。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 恐喝・脅迫の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。