結論から言います。風俗店から詐欺被害のお金を取り返すことはまず不可能です。

それに対して、風俗嬢に騙された場合は、返金させる可能性は十分にあります

なぜそうなのか、3つの代表的な風俗詐欺をもとに、弁護士がわかりやすく解説していきます。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

風俗店による詐欺

パネルマジック

パネルマジックとは、風俗嬢本人よりも可愛く見せるよう大幅に加工することをいいます。photoshopなどの画像修正ソフトで目や胸の大きさ、肌の質感、体型などを大幅に改良し、集客のために男性客が好みそうな女性に仕立て上げます。

風俗のお客としては、自分好みの女の子がやってくると期待していたところ姿態がまったくことなっているため騙された気分になり憤慨するのは当然のことでしょう。

パネマジの問題点

ヘルスやソープ、イメクラといった店舗型風俗店や、ホテヘルのように受付後にすぐに風俗嬢と合流できるケースではチェンジも容易に行えます。チェンジ料金がかからない店が比較的多いでしょう。

それに対してホテルや自宅に風俗嬢に来てもらうデリヘルでは、チェンジ料金が掛かったり、そもそもチェンジを受け付けていない店もあります。キャンセルを申し出ても一切返金を受け付けないことも少なくありません。返金で揉めるデリヘルトラブルも頻繁に起きています。

詐欺罪になる?お金は取り戻せる?

誰の目から見ても明らかに画像とは別人であったとしても、こういった詐欺まがいの手口でお客を集める店は、「同じ女性だ、体型が変わっただけだ、写真写りが良かっただけだ」と平然と言ってのけます。

しかし、それが嘘であることの立証はまず不可能です。また、風俗嬢の身バレ対策のためというもっともらしい主張をされてしまえば、お客を騙そうという故意があったことを立証することも難しいでしょう。そのため、パネマジを詐欺罪として刑事事件に持ち込むことは不可能でしょう。

そして、詐欺を証明することが不可能である以上は、民事においても勝ち目はありません。騙し取られたお金を取り戻すことは厳しいでしょう。

弁護士などの法律家に交渉してもらうにしても、法律家への報酬や裁判費用の方が被害金額よりも高くつくためお勧めできません。

キャッチから誘導されてたけのこはぎ被害

キャッチとは

いわゆる客引きのことです。歓楽街を歩いていると、「お兄さん、女の子のいる店を探していますか?いい店紹介しますよ」と声をかけてくる例のアレです。

風俗店のキャッチは風営法や迷惑行為防止条例などで違法とされていますが、法律に抵触しない際どいラインを保って活動をしているのが現状です。

このキャッチは一定の裁量権を持っていることがあり、キャッチを通して店を利用することで、普通に利用するよりも多くサービスを受けられたり、料金を割引してくれることがあります。

たけのこはぎとは

風俗に限らずですが、「たけのこはぎ」という被害も横行しています。当初は安価な価格を提示されていたのに、どんどんオプションを要求され、結果的に高額の請求をされるはめになるのです。

例えば、女の子が洋服を脱ぐのに2千円、身体を触るのに5千円、本番行為をするのにプラス2万円といった段階を踏んで少しずつお金を毟り取るぼったくりの手口です。

キャッチによるたけのこはぎ被害

多くの事例では、池袋、新宿歌舞伎町、大阪、名古屋などの繁華街でキャッチに声をかけられ、「3万円で可愛い子と本番までできますよ」「AV女優が在籍していますよ」などと誘われます。金額に折り合いがつかなくて断ると、「私を介せば、サービスを受けた後に半額のキャッシュバックが受けれますよ」とさらに営業をかけてきます。

その話に乗ってキャッチに前金でお金を払い着いていくと、雑居ビルの一室やホテルに連れて行かれます。そして、女性が到着すると、さらに女性から前金を要求されます。キャッチに既に支払った旨を女性に伝えると、「うちの店ではキャッチは使っていないし無関係」と話してきます。もちろんこの段階ではキャッチはとっくに姿を消しています

騙されたと思い帰ろうとすると、「まだサービスは終わっていないし、お金も貰っていないから帰せない」と引き留めます。さらに、「25000円払えば最後まで気持ちいいことできるよ」などと誘ってきます。騙されたと気づいても、先に失った3万円が惜しくなり、ついつい誘いに乗って本番行為をする男性が後を絶ちません。

詐欺罪になる?お金は取り戻せる?

まず、キャッチはお客からお金を受け取っていますが、風俗店側は「キャッチのことを知らない」と主張しています。この主張をそのまま受け入れて考えると、キャッチがした行為は詐欺罪に該当します。

しかし、キャッチは姿をくらましており、仮に見つけ出して問い詰めたとしても、お客がキャッチにお金を渡した証拠がありません。現金手渡しである以上、「もらっていない」と主張されたらそれで終わりです。キャッチとのやり取りを録音・録画でもしていない限り言った言わないの世界になります。

また、たけのこはぎで次から次へとお金を支払ったとしても、実際の価格を提示されてそれに合意して支払っている場合は、「欺かれている」とは言えません。そのため店からお金を取り戻すことも不可能です。店とキャッチが結託していることの証明も不可能でしょう。

そのため、刑事上の詐欺罪に問うことも難しく、また、お金を取り戻すことはできません

本番行為をしたことで罰金請求などの被害にあうことも

酷な言い方になりますが、詐欺で10万円前後の被害に遭うのはまだ”マシ”です。女性から本番行為を誘ってきたのに、行為後に規約違反を根拠に風俗店から罰金を請求されたり、「本番強要された」と主張され示談金を要求されるなどの風俗での本番トラブル被害にあうこともあります。

高額な金銭要求を断ると、免許証や保険証、会社の名刺などを取り上げられたり、念書や示談書にサインを強要されたり、「警察に強姦で被害届を出す」と風俗店から脅迫されるなどの被害にあいます。

被害にあったらどうすればいい?

妻や勤務先の人に知られたくない一心で、罰金等の支払の約束を交わしてしまう人がいますが絶対にやめましょう。脅せばお金がとれる”カモ”と看做されると、後日改めて金銭請求されるなどの被害が頻繁におきています。

また、自前で用意した示談書で改めて示談を交わし、身分証等を返却してもらえば解決ということはありません

示談書は行政書士から1万円~15000円で購入可能ですが、法的に不備のない示談を交わすには幾つかの条件をクリアしなくてはなりません。まずは、風俗で示談する時の注意点をしっかりと読み、法的に問題のない示談契約の交わし方につきしっかりと確認しましょう

また、闇雲に相談しても余計に状況を悪化させることもあります。あなたが置かれている状況に応じた最適な相談先が選べるよう、風俗相談先一覧も紹介していますので、確認されることをお勧めします。

風俗嬢に騙された

同じ風俗嬢を何度も指名していると親しくなって、個人的な話をしているうちに恋心を抱くこともあるでしょう。

そういった被害者の心理をうまく利用し、「大学に通いたいけど学費がないから風俗をするしかない」「風俗から足抜けしてあなたと結婚したいけど、この借金がどうにもならない」などと悩みを打ち明け、お金を出させようとする詐欺があります。

また、本番行為をしたことで妊娠したと嘘をつきお金を騙し取る妊娠詐欺の被害も数多く報告されています

恋愛感情を利用した詐欺が多発

ほとんどの男性が、風俗嬢と外で会って性的関係を結ぶ度に対価を支払う方式をとっているはずです。つまりは風俗店を介して受ける性的サービスを、店を介さずに風俗嬢と直接取引する”店外デート”にすぎません。

そして、店外デートを重ねるなかで、お客の自分に対する恋愛感情等を利用してお金を騙し取りに動きます

生活が苦しい、病気で治療費が必要、といった典型的なものから、交際や結婚を匂わせておいて、「店に多額の借金がある」「辞めるときは高額な罰金を支払わなくてはならない」と嘘をつき、男性の独占欲を刺激してお金を引っ張る手口も少なからずあります。

そして、関係が拗れるなどして風俗嬢にお金の返還を求めると、次第に連絡がとれなくなり、最終的には完全に連絡を絶つ形で終結します。

風俗嬢から騙されたお金を取り返すには?

ここで騙されたお金を取り返すために重要なポイントは、①風俗嬢に渡したお金が贈与によるものなのか、貸したものなのか、②お金を引っ張るための発言内容の真否、③恋愛感情を利用する積極的態様の有無です。

風俗嬢が詐欺を働いたのか否かの判断や、詐欺を根拠に返金を求める際の証拠として、メールやLINE、SNS上でのやり取りが重要な役割を果たしますので、絶対に消去せずに保存しておくようにしましょう。借用書がなくとも、それらのやり取りが残っていれば弁護士による金銭の回収も期待できます。

他の風俗詐欺と違い、風俗嬢がお客を騙すケースでは多くの痕跡が残されているため、風俗トラブルに強い弁護士による交渉であっさりとお金を返してくるケースも少なくありません。一度気軽にご相談ください。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。