兄弟が亡くなった時、その兄弟に配偶者や子供がいれば、自分は相続人にはなりません。しかし油断していたらある日突然自分が相続人になっていた、というケースもあります。

相続財産があればまだ良いかもしれませんが、被相続人が残したものが借金だけだったとしたら、その借金は相続人である自分が返済しなければならないのでしょうか。

今回は、兄弟の相続になってしまった時に相続放棄をする方法や、相続放棄をする際の注意点についてご紹介します。

遺産相続に強い弁護士に無料相談してみる
日本一気軽に相談できる法律事務所なので安心です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 相続の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

法定相続人の仕組みを知ろう

冒頭で、「基本的に被相続人に配偶者や子供がいる場合には兄弟が相続人にならない」と説明しました。では兄弟は相続になるのはどういったケースなのでしょうか?まずは、相続人には相続順位があるということから説明していきます。

誰が相続人については、民法という法律で詳しく定められています。基本的に被相続人との関係によって決まるとされており、まず配偶者はどんな条件であれ絶対的に相続人となります。配偶者以外の法定相続人は、それぞれ以下のように順位が決まっています。

第一順位は子供

まず第一順位ですが、第一順位は被相続人の子供です。もしも相続人(被相続人の子供)が被相続人よりも先に死亡している場合は、相続人の子供、つまり被相続人から見たときの孫が相続人となります。これを法律用語で代襲相続といいます。

第二順位は両親

子供も孫もいない場合、すなわち第一順位の相続人がいない場合には、相続権は第二順位である両親に移ります。この場合の両親に義母や義父は含みません。あくまでも直系尊属のみが相続人となります。

第二順位でも代襲相続が認められており、もしも両親が亡くなっている場合には、祖父母が代襲相続人として相続をすることになります。

第三順位は兄妹姉妹

最後が第三順位です。被相続人に配偶者も子供もいない、また代襲相続人である孫もおらず、第二順位である両親やその代襲相続人となる祖父母もいない場合には、第三順位の兄妹姉妹が相続人となります。

兄弟が相続人となったときのよくあるトラブル例

借金を相続するケース

兄弟の相続人となったときに、やはり一番多いトラブルケースとしては、兄弟が借金を抱えておりその相続人となるケースです。

相続財産にはプラスの財産だけではなくマイナスの財産に含まれるため、相続することになれば相続人が被相続人の代わりに返済しなければなりません。債権者からも、相続人に対して請求が来ることになります。

全く音信不通だった兄弟の相続人になるケース

親子関係とは異なり、兄弟関係は家族といえども、あまり密な接点を持たない人も少なくありません。兄弟なのに何年も連絡を取っていない、今どこに住んでいるのかも知らないといったこともあるでしょう。そんな時にいきなり連絡が来て自分が相続人だと言われるケースもあります。

このようなケースは基本的にトラブルではありませんが、もともとが音信不通であることから、他の相続人から「あなたは関係性が薄いのだから相続を放棄してほしい」と言われて揉めるケースがあります。

相続財産がプラスであれば、相続放棄は相続にとって不利益が非常に大きいものです。基本的に相続放棄は自分の自由意志で行うべきものです。ただ遺産分割協議の場では、多くの親族に囲まれて「相続放棄をして欲しい」と迫られたら、なかなか断ることができないことも実際にはあるようです。

相続放棄には3ヶ月という期限がある

もし相続放棄をすることに決めたのであれば、相続放棄の手続きを早く行わなければなりません。相続放棄は民法915条によって「自分のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内」に行わなければならないとされています。3ヶ月を超えてしまうと、相続放棄はできなくなりますので注意してください。

ここで一つ問題となりやすいのが、相続が起きた時期と、自分が相続人であることを知った時期がずれるケースです。兄妹姉妹は相続順位も低いため、特に被相続人に配偶者や子供がいたり、両親が生きているような場合には、自分が相続人になるということを想定していない人も少なくありません。

しかし、何らかの理由で第一順位、第二順位の相続人が相続放棄をした、また配偶者が相続放棄をした場合には、相続順位が低い兄弟姉妹に相続権がまわってくることになります。その結果、自分が相続人であることを知った時には、既に相続から3ヶ月が経っていた、もしくはもうあと数日で3ヶ月が経つという時期であることもあります。

この場合は相続放棄ができないのではないかと不安になる人も多いようですが、あくまで相続放棄の起算点は「自分のために相続の開始があったことを知」った時です。

この場合は、他の相続人が相続放棄をして自分に相続権が回ってきたことを知った時から3ヶ月以内に相続放棄を行えば良いことになります。

相続放棄の手続き

では次に、具体的な相続放棄の手続きについてご紹介します。相続放棄の手続きはそこまで複雑でありません。必要な書類を揃えて、管轄の家庭裁判所に提出すれば良いだけです。しかし兄妹姉妹の場合は相続順位が低いことから、必要書類が少し煩雑になっているので注意してください。

相続放棄の手順

まずは相続放棄の簡単な手順について紹介します。

1 相続財産を調べる

相続放棄をするかどうかについては、最初に相続財産がどれくらいあるのかを把握しなければ、判断することが難しいものです。相続財産が借金だらけであれば相続放棄をするメリットもありますが、プラスの財産が多い場合には、相続放棄をするメリットは大きくありません。

2 必要書類を揃える

次に必要書類を揃えます。具体的には、相続放棄の申述書、それから相続人の戸籍謄本などが必要になります。具体的にどんな書類が必要かについては後述します。

3 家庭裁判所に申述する

必要書類が揃ったら管轄の家庭裁判所に申述することになります。管轄の家庭裁判所は、被相続人が最後に住所を有していた土地の管轄となる家庭裁判所です。 相続放棄を行う人の住所地を管轄する家庭裁判所や被相続人の本拠地がある家庭裁判所ではないので注意してください。

管轄の家庭裁判所を調べたい場合は、裁判所のホームページを参考にしてください。

参考:裁判所の管轄区域

相続放棄の必要書類

次に必要書類です。兄妹姉妹は第三順位の相続人となるため、 第一順位と第二順位、それから配偶者が相続をしないことを証明する書類を添付しなければなりません。そのため、以下の書類が必要になります。

相続放棄の必要書類
  • 相続放棄申述書
  • 申述人の戸籍謄本
  • 被相続人の死亡記載のある戸籍謄本
  • 被相続人の出生から死亡時までが記載されている全ての戸籍謄本
  • 配偶者の出生地から死亡までの戸籍謄本
  • 第一順位の相続人である子供、孫の出生時から死亡時までが記載されている全ての戸籍謄本
  • 第二順位の相続人である直系尊属の父母、祖父母の死亡記載がある戸籍謄本
  • 収入印紙800円

ちなみに兄弟が複数いて、すでに誰かが相続放棄の手続きをしているときには、先に相続放棄の手続きをしている人が提出している戸籍謄本を改めて裁判所に提出する必要はありません。

相続放棄で注意したいこと

兄妹姉妹が相続放棄を行うときに注意しておきたいポイントをまとめました。

兄弟が死亡していたら姪甥が相続人となる

相続放棄を行うにあたって相続人を確定する必要がありますが、自分以外の兄弟が既に亡くなっている場合、自分だけが相続人として相続放棄をすればいいのでしょうか。

第一順位と第二順位と同じく、第三順位である兄妹姉妹にも子代襲相続が生じます。この場合は、兄妹姉妹の子供である甥や姪が代襲相続をすることになります。もしも兄弟全体で相続放棄をしたいということであれば、甥や姪に対しても相続放棄をするかどうかの確認をしておくとスムーズです。

相続放棄したら子が相続人になる?

第一順位の相続人が相続放棄をすれば第二順位の相続人に相続権が移るというように、相続放棄をすることによって、順位が高い人から低い人に相続権が移ることになっています。では、もしも兄弟姉妹が相続放棄をしたら、自分の子供に相続権が移ってしまうのでしょうか。

相続放棄と代襲相続は、関係あるようで実は別問題です。もしも法定相続人が死亡した場合には、その下の世代に代襲相続することになりますが、相続放棄をした場合はその下の世代が代襲相続をすることはありません。

そのため、自分が相続放棄をしたからといって自分の子供に当たる甥や姪が相続人になることはありません。

相続放棄は撤回できる?

相続放棄は3ヶ月という短い期間しかできないため、後になって「やっぱり相続放棄をしなければよかった」と後悔してしまうケースもあります。そのときでも、「相続放棄はなかったことにしたい」といって撤回することは原則としてできませんので、注意しましょう。

全員まとめて相続放棄の手続きをしたい

被相続人に借金しかないなどの理由で、全ての相続人が「相続放棄をしたい」という判断になることがあります。この場合、家庭裁判所に対して一度で相続放棄の申述ができれば手間がかかりません。そこで、まとめて相続放棄の手続きをしたいと考えることもあるかもしれません。

順位が同じ相続人同士がまとめて相続放棄の手続きをすることはできますが、順位が別であれば、申述も別々に行わなければなりません。また、後順位の相続人は、前順位の相続放棄が認められた後でなければ相続放棄の申述ができません。

例えば、被相続人の子供が相続放棄の手続きをし、それが受理された後で第二順位の直系尊属が相続放棄を行い、さらにそれが受理されたあとで、第三順位の兄妹姉妹が相続放棄の手続きを行うことになります。

兄弟に相続放棄をしてもらいたいとき

自分が相続放棄をするだけでなく、他の兄弟に相続放棄をしてほしいこともあるでしょう。例えばよくあるケースが、相続人が配偶者と兄弟姉妹というようなケースです。

被相続人の意思としては配偶者に全ての財産を残したいと考えていたものの、遺言書がなければ、法定相続人全員で遺産分割協議をして「誰がなにを相続するのか」を決めなければなりません。

このケースも相続でよく揉めやすいケースですが、相続放棄をしてもらいたいと思った時、取り得る方法が2つあります。

お礼としてはんこ代を払う

ひとつめが、相続放棄をしてもらうことのお礼として「はんこ代」という名目でお金を払うというものです。通例ではんこ代と言っていますが、これは相続放棄の手続きをしてくれることに対するお礼という意味合いが含められています。

はんこ代の相場ですが、これは相続財産の額や、相続人と被相続人との関係、また、配偶者と兄弟の関係などによっても様々なので、一概にはいえません。

代償分割にする

もうひとつの方法が、相続放棄ではなく、代償分割という形で遺産分割を行うというものです。相続財産が分割しやすい現金や預金ではなく、不動産などが多い時によく使われる手法です。相続財産を一人に集中させる代わりに、他の相続人に対して現金を支払うことによって遺産分割を行うというのが「代償分割」という方法です。

代償金として法定相続の割合に当たる額を支払うケースもありますが、こちらも基本的には相続人同士の話し合いで金額を決めていくことになります。

代償分割は相続放棄とは違い、代償分割を受けた人は相続人のままです。そのため、遺産分割協議書にも相続人として署名押印を行うことになりますし、相続を原因とする不動産の所有権の移転登記の際には印鑑証明書を提出するなど、相続人としての義務は残ります。

まとめ

今回は、兄弟姉妹が相続放棄をするときの手続きや注意点についてご紹介しました。被相続人に配偶者や子供、両親がいる場合、基本的に兄妹姉妹が相続人となることはありません。そのため、自分が知らない間に相続人になっていて戸惑うというケースも見られます。

兄妹姉妹の場合は、実際に相続が始まった時と自分が相続人になったことを知った時との間にタイムラグが出やすいものです。しかし、相続放棄の期限である3ヶ月は自分が相続になったことを知ってから始まるため、その点は安心してください。

法定相続人としても相続順位が低い兄妹姉妹。相続放棄をする時には必要な書類がどうしても多くなります。できるだけ一度で手続きを終えられるよう、不安なことは裁判所や専門家に相談するなどして準備をしておきましょう。

遺産相続に強い弁護士に無料相談してみる
日本一気軽に相談できる法律事務所なので安心です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 相続の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。