再婚後も面会交流を継続しなければならない?再婚する際の注意点

離婚時に子との面会交流について取り決めた方も多いかと思います。しかし、離婚後、再婚を決断される方も多いはず。では、再婚したら面会交流は継続しなければならないのか?多くの方が抱く疑問です。

そこで、今回は、

  • 再婚後も面会交流を継続しなければならないのか?
  • 面会交流をすることが決まっている場合、再婚時に注意したい点

などについて、面会交流に詳しい弁護士が詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお読みいただき、面会交流することを決めている場合に、再婚する際の参考にしていただけると幸いです。

日本一気軽に弁護士に相談できます
  • 全国どこからでも24時間年中無休で電話・メール・LINEでの相談ができます
  • 弊所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。お気軽に無料相談をご利用ください
  • 財産分与・慰謝料・親権・養育費で依頼者が有利になるよう弁護士が全力を尽くします
  • 弁護士が親身誠実にあなたの味方になりますのでもう一人で悩まないでください

1.再婚後も面会交流を継続しなければならない?

単刀直入にいうと、再婚後も、原則として面会交流は継続しなければなりません。監護親(子と同居し、子に対する監護権を有する親)が再婚した場合であろうと、非監護親が再婚した場合であろうと結論は同じです。

また、監護親が再婚した後、再婚相手と子との間で養子縁組を結ぶケースも散見されます。この場合、再婚相手(養親)と子との間に法律上の親子関係が生じ、子は養親の親権に服します。つまり、子は養親の子でもあり、非監護親の子でもあるのです。もっとも、「子と再婚相手が養子縁組を結んだから」、「子が養親の親権に服したから」、などという理由で、子と非監護親との面会交流を拒否・中断することはできません。養親と養子縁組を結んだからといって、子にとって非監護親は「親」であることに変わりはなく、だからこそ非監護親は子と面会交流する権利を有しているのです。また、面会交流は非監護親の権利であると同時に子の成長・福祉のためにあることも忘れてはいけません。

2.面会交流することが決まっている場合に生じる一般的な問題点

離婚後に再婚したか否かにかかわらず、離婚協議や調停などで取り決めた面会交流については、一般的に以下の問題が生じてしまいます。

⑴ 監護親・非監護親とも、子のことを無視して、自分の都合や感情を優先させてしまう

たとえば、監護親は主に次のことをしてしまいがちです。

  • 敢えて子の目の前で、非監護親の悪口を言う
  • 非監護親のダメな部分のみを強調し、子に非監護親に対するマイナスのイメージを植え付ける
  • 次の理由から面会交流を拒否する
    • 面会交流は子の成長に悪影響を与える
    • 面会交流で子の環境をかき乱されたくない、新しい環境になじんで欲しい
    • 相手に非があって(相手が不倫・浮気して)離婚したのに、面会交流を認めてあげる筋合いはない

などです。他方で、非監護親も主に次のことをしてしまいがちです。

  • 子の体調が優れない、あるいは子に急遽予定が入ったことで面会交流できないにもかかわらず、無理矢理、面会交流を要求する
  • 余裕のない面会交流のスケジューリングとする
  • 面会交流時に監護親の悪口を言う、監護親のダメな部分のみを強調し、子に監護親に対するマイナスのイメージを植え付ける

などです。

以上挙げたことはすべて子の成長や福祉にとってマイナス以外の何ものでもありません。面会交流は子の成長・福祉のためにあることを忘れてはいけません。親としては、子の立場にたった言動を取るべきです。

⑵ 感情的になり冷静な話し合いができない

面会交流を実現できない、継続できない状態で面会交流のやり方を変えようと話し合いをもちかけても、話し合いの当事者は離婚した者同士。感情的になって冷静な話し合いを期待することができません。

また、監護親と非監護親とが普段から上手くコミュニケーションを取っておらず、お互いの離れて暮らす期間が長くなれば長くなるほど関係は疎遠となりますから、冷静な話し合いはますます難しくなる一方です。

3.面会交流することが決まっている場合、再婚時に生じる問題点

面会交流することが決まっている場合、再婚したか否かにかかわらずに前記2でご紹介した問題が生じる上に、再婚したとなれば、面会交流を拒否・中断してしまう可能性がますます高くなります

特に、監護親が再婚した場合に監護親が面会交流を拒否する、非監護親に中断を求めるということが多いです。監護親に、

「再婚して新しい配偶者と新しい人生を歩み始めた」

「子を新しい家庭環境に慣れさせたい」

「それなのに、子に面会交流させてしまうと暗い過去に後戻りさせてしまう」

などという気持ちが働いてしまうことが大きな要因でしょう。お気持ちは分かりますが、その裏では、

「再婚を機に非監護親との関係を断ち切りたい」

などという監護親の感情が働いており、純粋に子の成長・福祉のことを考えていないのではないかと考えられることもあります。

他方で、非監護親が再婚したことで面会交流が中断することもあります。非監護親にも監護親の再婚と同様

「再婚を機に新しい人生を歩みたい」

などという気持ちが働いてしまうからでしょう。もっとも、監護親からすれば負担が減り不満はないでしょうから、非監護親から面会交流を中断されたことで問題になることはあまりありません。

4.面会交流することがきまっている場合、再婚時に注意したい点

以上の問題点を踏まえ、面会交流することが決まっている場合の再婚時に注意したい点を解説いたします。

⑴ 子の立場に立って考える

子が幼い場合、「再婚相手を実の親と思わせた方がよいのではないか」と考える監護親の方がいます。しかし、いずれは子に実の親の存在を知らせなければならない時期がくるでしょう。その際に子が受けるショックの大きさのことを考えると、幼いうちから子に実の親の存在を認識させるためにも面会交流を継続した方がよいのではないかと考えます。

また、決してご自身の都合、感情で面会交流を中断しないことです。子は親が面会交流を中断する原因、その裏にある背景、親同士の関係性を敏感に察知します。親同士の関係性が劣悪だと、子の成長・福祉にも悪影響を与えます。再婚して環境が変わろうとも、まずは親同士が日頃からコミュニケーションをよく取って良好な関係性を築き、子に双方の親から愛されている、という安心感を与えてやることが大切です。

⑵ 再婚前に再婚相手に面会交流についてきちんと話し、理解を得る

再婚相手によっては、面会交流の制度すら知らない方もいるかもしれません。再婚後にいきなり面会交流について打ち明けられても、監護親の再婚相手からは、「我が子を奪われた」という感覚に陥り、実際、「実の子ではない」ということを再認識し、子に対する愛情が減退してしまうかもしれません。また、非監護親の再婚相手からは、「全力で家庭(再婚相手との子)に愛情を注いでくれないのではないか」、「監護親とよりを戻してしまうのではないか」などという不安をもたれてしまうかもしれません。

面会交流を継続するには、再婚前に、再婚相手に再婚後も面会交流は継続しなければならないこと、面会交流は子の成長・福祉のためでもあること、面会交流するにあたっては監護親・非監護親同士連絡を取り合う、実際に会うことなどがあり得ることなど面会交流のやり方についてもきちんと話し、理解を得ておくことが大切です。

⑶ 非監護親に養育費を払ってもらえなくなる

監護親が再婚した場合、非監護親から払ってもらっていた養育費は二次的なものとなります

二次的というのは、まずは養親が子を養育、扶養、監護する義務を負い、養親に子を養育、扶養するだけの資力がないなど事情があるときに限って非監護親が養育費を支払うという意味です。

したがって、監護親が再婚した場合は、通常、非監護親から養育費の支払いについての減免(減額、免除)を申し入れられます。まずは監護親、非監護親同士で話し合い、話がまとまらなければ家庭裁判所に対して調停を申し立てましょう。また、監護親が面会交流を中断、拒否した場合も、非監護親から養育費支払いの減免を申し入れられるでしょう。面会交流ができない上に、養育費だけ払わされるのは納得がいかないという理由です。その意味でも、面会交流の中断、拒否には慎重にならざるを得ません。

5.まとめ

再婚した場合でも、原則として、面会交流は継続しなければなりません。再婚が面会交流の中断・拒否の理由とはなり得ません。再婚するにあたっては、子はもちろん、再婚相手に対しても面会交流についてよく理解を得ておく必要があります。また、非監護親から養育費の支払いを受けている場合は、養育費を減免されることがあり得ることも頭に入れておかなければなりません。

日本一気軽に弁護士に相談できます
  • 全国どこからでも24時間年中無休で電話・メール・LINEでの相談ができます
  • 弊所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。お気軽に無料相談をご利用ください
  • 財産分与・慰謝料・親権・養育費で依頼者が有利になるよう弁護士が全力を尽くします
  • 弁護士が親身誠実にあなたの味方になりますのでもう一人で悩まないでください
離婚問題で悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による離婚問題の無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。