この記事では、美人局とはどういう意味?なんて読むの?という疑問から、美人局の手口や対処法、実際に起きた事件も詳細に解説していきます。

この記事を読むことで、美人局について詳しくなるだけでなく、被害に巻き込まれたときに適切な対処をとれるようになるでしょう。

数多くの美人局案件を解決してきた弁護士が監修した記事ですので、よりリアルな情報が得られると思います

脅迫被害に強い弁護士に無料相談してみる
日本一気軽に相談できる法律事務所です
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • 相談は初回だけではなく何度でも無料です
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 恐喝・脅迫の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

美人局とは

美人局(つつもたせ)とは男女が示し合わせて、女がターゲットとなる男性を誘惑し、それを理由に仲間の男が因縁をつけて金銭を脅し取ることです。「びじんつぼね」「びじんきょく」と間違えて読まれることもあります。

最近の特徴

これまでは、性行為の最中やその後、少なくとも性行為に至る直前に被害を受けることが多かったのですが、今では、女との待ち合わせ場所に到着した直後に仲間の男性が登場するパターンが増えています。

また、これまでは、男女の設定として夫婦やカップルが多かったものが、今では男女混合の犯罪グループによる美人局被害が多くみられます。

語源

美人局という言葉は、中国の元の時代から既に使われていたもので、売春婦が若者の男性に色仕掛けを使い、後から仲間の男が登場し金品をふんだくる犯罪です。まさに現代の日本で用いられている美人局とほぼ同じ意味ですが、中国での呼び名は「つつもたせ」ではありません。

一方、日本では、「丁か半か」でおなじみのサイコロ博打の”筒”に細工をしてイカサマをすることを「筒持たせ」と呼んでいましたが、それが次第に、「いんちき」や「詐欺」という一般的な意味にも用いられるようになりました。それが転じて、男女関係を利用した詐欺の意味としてもつかわれるようになりました

そしてさらに、日本の「筒もたせ」に中国の「美人局」が当て字として用いられるようになり、「つつもたせ」という呼び名が定着するようになったのです。

ハニートラップとの違い

ハニートラップとは、女スパイが、他国や他の機関・組織などから機密情報を得る目的で、色仕掛けで諜報活動を行ったり、弱みを握った人物を脅して操ることを一般的には意味します。対象となる男性は、政治家や官僚、外交官、軍関係者になります。

しかし最近では、対立する企業や人物を陥れるために女をあてがい、スキャンダルをマスコミに公表させることで相手の社会的立場や評価を低下させることも指して用いられています

美人局との違いは、美人局はお金が目的であるのに対し、ハニートラップは自国や自分の所属する組織・雇い主に有益な情報を収集したり、状況を優勢にすることを目的としています。

逆美人局にも注意

逆美人局とは、女性が男性と親密になったところ、その男性の妻や彼女が登場し、慰謝料等の言い掛かりをつけられて女性が金銭請求されることです。男性と女性の逆バージョンですね。

既婚男性が多く集まるパパ活サイトでの被害も多く、その他、婚活サイトで知り合った男性が実は既婚者であったというパターンもあります。どちらにせよ、相手男性が既婚者であることを知らなかったのであれば法律的には慰謝料請求は認められませんので、相手が独身であることの言質をとってからお付き合いするようにしましょう

法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。