美人局の被害パターンにはいろいろありますが、増えているのが「出会い系サイト」をきっかけとした美人局の被害です。

出会い系サイトでは匿名で他人とコミュニケーションをとることができ、出入りしている人も自分と同じく一時的に遊べる相手を探しているため、あとくされがなく利用しやすいというメリットがあります。

インターネットやSNSの普及によって、顔が見えない相手と簡単に繋がれることから、美人局狙いの悪質な人間も多く利用しています。

出会い系サイトを通じた美人局の被害の特徴

未成年が出会い系サイトに出入りして加害者になっている

出会い系サイトを18歳未満の未成年が利用することは法律違反であり、出会い系サイトでも規約でそう明示していますが、援助交際を希望する18歳未満の未成年の利用者はなかなか減りません。

中には悪質な未成年も多々おり、援助交際したことを盾に成人男性をゆすって金銭を奪い取るケースも多く発生しています。「児童買春で被害届を出されたいのか」と本人が脅してくるケースもありますが、女子の父親や親族などを名乗って「俺の子供に手を出したな」と脅してくるケースもあります。

被害を受けても顕在化しにくい

一般的に、美人局全般が被害が顕在化しにくい犯罪ですが、出会い系サイトでもその特徴は顕著です。出会い系サイトに出入りしている女性には未成年や既婚者もおり、また被害者男性自身が既婚者であることもあります。

そのため、加害者から弱みを握られやすく、「警察に相談することでこのことが明るみに出たら、会社をクビになるかもしれない」「離婚されるかもしれない」と不安になり、被害を誰にも相談できないケースも多くあります。

被害にあったことに被害者が気づかない

意外に多いのが、被害者が被害に遭っていることに気がつかずにお金を騙し取られ続けるケースです。過去に実際にあったケースでは、交際している女性が美人局だということに気がつかずに言われるままにお金を渡し続け、お金が尽きたところでグルだった男に殺されるという痛ましい事件が起きました。

被害者が途中で女性が加害者だということに気がついていれば、どこかの時点で被害を食い止めることができたかもしれません。ここまで極端なケースではなくても、被害に気がつかないケースは少なくありません。美人局は「不倫が夫にバレた」「未成年と性行為をしたことが親にバレた」という言い回しで脅迫してきますが、一般的にこういったことはよくあることです。

それが美人局なのか、本当に家族などにバレたのかは、加害者が巧妙に隠すことができればわかりません。加害者とグルになっている女性もしらを切るため、女性を全く疑わないケースもあるのです。

出会い系の美人局被害で実際にあった事例

実際にどのような被害が起きているのかを知っておくことは大事なことです。ここでは、出会い系サイトを通じて起きた美人局のトラブル事例について紹介します。

未成年女性と男性が共謀して美人局

出会い系サイトで美人局の典型的な事例といえるのが、このケースです。事件は滋賀県で起きており、出会い系サイトで知り合った男性に対して女性とグルになっている加害者がナイフを手に「援交じゃないのか」「殺されるか警察にいくか金を払うかどうする」などといって脅迫し、金銭を奪うという事件がありました。被害現場は、女性と待ち合わせをした駐車場です。

参考:株式会社産経デジタル

中学生がLINEを通じて美人局

LINEは誕生後爆発的に普及し、今では全世界で使われています。チャットツールだけではなく無料で通話ができることや、グループでのやりとりができることも人気が出た理由のひとつです。このLINEを使って援助交際の相手を募集した中学生が、その話に乗ってきた成人男性を脅すという事件がありました。実際に性行為をしていない場合でも「援交しようとした」という事実をネタに揺すられるケースは多々あります。

参考:「LINE」を利用し中学生が「美人局」事件起こす 「最強の出会い系マシン」に有効な対策はあるのか

出会い系サイトで知り合った男性を痴漢に仕立てる

出会い系サイトで女性が「痴漢をしてくれる人」を募集。それに応じた成人男性が車内で痴漢行為に及んだところ、女性が本物の痴漢として被害を訴えたという事件がありました。加害者の女性は男性とグルで犯行に及んでおり、示談金をだまし取る目的があったと考えられています。この件は、被害者とのやりとりが残っていたために犯行が明るみに出ましたが、そのまま痴漢として冤罪になる恐れもありました。

参考:エキサイトニュース

出会い系サイトで美人局の被害に遭わないために

出会い系サイトで美人局の被害に遭わないためには、以下のようなことに気をつける必要があります。

書かれていることやアイコンの写真を信じない

匿名で利用できるアカウントには、任意の写真を添付することができます。この写真を風景や動物などにしている女性アカウントと、露出が多い女性や若い女性、芸能人などの写真にしているアカウントとでは、当然受ける印象も異なりますし、実は男性側の反応も変わってくるのです。

こういったアイキャッチ画像はかなり印象を左右します。それを狙って美人局側も、露出の多い派手めな女性の写真や、若い女性の写真をアイコンに設定していることが多いものです。しかし、そのアカウントがサクラである可能性は高いもの。また、プロフィールに書かれていることも本当とは限りません。

実際にそのアカウントがサクラかどうかは、会ってみないとわからないのです。書かれていることやアイコンの写真を信用しないという危機管理は大切です。

慎重に会話を重ねて矛盾点を探す

過去、男子学生が複数人で女性アカウントを偽造して出会い系サイトを利用し、被害者から継続してお金を脅し取っていたという事件がありました。一般人であっても簡単にサクラのアカウントを作成できますし、直接接触しなくても美人局の犯罪は可能です。そのため、被害に遭わないためにはできるだけそのアカウントを運営している人の情報を集めることが重要です。

「これだけは知っておきたい!美人局の被害に遭わない対策を徹底解説」でも質問例を挙げていますが、こういった質問を多くすることで、矛盾点を洗い出しましょう。ただし、質問をするなら短時間で巧妙に。相手に考えたり辻褄を合わせる隙を与えてはいけません。

会うことなどに同意していることを証拠として残しておく

美人局の多くは、夫や親族などを名乗る男性が出てきて脅迫するという手口です。中にはグルになった女性が「無理やり性行為をされたと言っている。強姦で訴えるぞ」などと言ってくるようなケースもあります。

そうなったときに対処できるよう、会うことや関係を持つことに同意しているということは証拠として残しておきましょう。ちなみに、18歳未満の未成年の場合はこういった合意があったとしても罪にとわれる可能性がありますので、相手が18歳未満かどうかはしっかりと確認しておきましょう。

自分の情報を話しすぎない

加害者側としても、効率よく犯罪を行いたいと思うもの。そう多くないお金しか脅し取れない相手よりも、一度に高額のお金を脅し取ることができ、さらに継続して脅し取り続けられる相手の方がターゲットとしては狙いたいものです。一般的に狙われやすいのは、芸能人や経営者、安定した職業についている公務員や医者などの高額所得者と言われています。

そこで、出会い系サイトで網を張り、できるだけこういった属性を持つ男性を探しているのが美人局です。できるだけ被害にあわないためにも、自分の情報を相手に出さないことが重要です。

絶対に電話番号を交換しない

実際にあった美人局の被害事例として、女性からメールアドレスではなく電話番号を聞かれるケースは少なくありません。ですが、電話番号は決して伝えてはいけません。携帯番号からは、調べようと思えば本名や住所、勤務先などの個人情報が抜き出せるからです。

ここが、携帯番号がフリーのメールアドレスやLINEのアカウントと大きく異なる点です。美人局側もそれを知っているため、いろいろな手口で電話番号を聞き出そうとしてきます。携帯電話を執拗に聞き出そうとしてきたら、美人局の可能性が高いと思って警戒してください。

法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。