美人局の被害に遭ったとき、真っ先に考えるのが警察への相談ではないでしょうか。「警察に行けばなんとかなる」と考えてしまいがちですが、確かに警察は頼りになる存在ではあるものの、警察に相談して「こんなはずじゃなかった」という事態になるケースもありえます。

今回は、美人局の被害を受けて警察に相談することについて、どんなケースで相談ができるのか、どんなデメリットを知っておくべきか、詳しく解説します。

美人局の被害を警察に相談できるケース

実生活で人から被害を被ったときには警察に相談したいと考えるものですが、全てのトラブルについて警察に相談できるわけではありません。まずはそれが「刑事事件といえること」が必要です。

刑事事件であること

実生活のトラブルには、大きく分けて刑事事件と民事事件という2種類があります。「殺人や強盗など、「犯罪」に当たるものは刑事事件として扱われ、警察の出番となります。犯罪を行ったかどうかについて捜査し、処罰の必要性が高いと判断されれば逮捕、起訴されるという流れです。

一方で単なる喧嘩や言い争い、私法上のトラブルは民事事件に当たります。「民事不介入」という言葉は有名ですが、民事事件については警察は介入しません。美人局についても同様です。

犯罪行為であること

刑事事件かどうかというのは、加害者が行った行為が犯罪行為と呼べるかどうか、すなわち刑法などの法律に違反した行為と言えるかどうかがポイントです。例えば、殺人であれば刑法に「殺人罪」という犯罪が定められています。しかし、美人局については、「美人局罪」というような犯罪があるわけではありません。

美人局の被害を警察に相談する際には、美人局の行為が犯罪行為のどれかに該当することが必要です。例えば、脅されたのなら「脅迫罪」にあたるのか。殴られたなら「傷害罪」にあたるのか、といった具合です。

しかし、ただでさえ美人局という犯罪に巻き込まれて精神的にも大きなダメージを受けているのに、相手の行為が何罪に当たるのかを正確に調べてからでなければ警察に行けない、となると、かなり不便です。

警察に相談に行くときには、犯罪名まで被害者側で把握しておく必要性はありません。「犯罪とは何か」という話を展開すると煩雑になってしまうので、ここでは以下の点だけを最低限押さえておきましょう。

一般的に「犯罪ではないか」と思われることが起きたとき、ざっくり特徴をあげるとするならば、この2つのポイントに該当するのではないでしょうか。

  • 生命や身体、財産などに被害が及んでいる
  • その被害を及ぼした行為が理不尽である

例えば、ケガをした原因が「言い争いになってこちらが先に殴ったので殴り返された」場合と「道を歩いていたらいきなり後ろから殴られた」という場合では、明らかに理不尽さが異なります。一般的な感覚からして、「これは理不尽なのではないか」と思えたら犯罪行為である可能性が高いといえますので、警察に相談しにいきましょう。

また、中には自分で判断がつきにくいこともあるかもしれません。例えば美人局の場合、被害者が「自分が被害を受けた」ことを把握していないことがあります。これは、男女関係を持った女性が美人局とグルになっているにも関わらず、言葉たくみに自分も被害者であるように装うことがひとつの理由です。

このようなときに全く疑いの念を抱かないならば仕方がありませんが、少し違和感を感じることもあるでしょう。少し違和感を感じることがあったなら、弁護士に相談してみるのもひとつの方法です。また、警察には比較的気軽に相談できる窓口がありますので、そこを利用するというのもひとつの方法です。

参考リンク:生活の安全に関する不安や悩みは警察相談専用電話 #9110へご相談ください

処罰感情があること

処罰感情は警察に相談するときに必ず必要なものではありません。処罰感情がなければ警察に相談してはいけないのか?というと、もちろんそんなことはありません。しかし、美人局について警察に相談するということは、警察が美人局の加害者の逮捕に向けて動く可能性があるということです。

親告罪であれば途中で告訴を取り下げることもできますが、詐欺や強盗などの非親告罪(警察が犯人を起訴するのに告訴が必要ない犯罪)では、そもそも被害届も告訴状も必要がないため、「やっぱり告訴を取り下げます」と言っても手遅れになるケースもあります。

美人局の中にもそういったレベルの差がありますが、極めて悪質な犯罪や、他にも被害者がいるような犯罪については、その傾向が高まるでしょう。そうすると、犯人が逮捕されて起訴され、有罪になれば罰せられることになります。

ときに、別に逮捕させたいわけではないが、刑事告訴をチラつかせることで被害を抑えたい、という意味合いで警察に相談する人がいます。

確かに刑事告訴は加害者に対する強烈な圧力になりますし、本当に刑事告訴をする気概がないのに言葉だけそう伝えても「どうせ刑事告訴なんかしないだろう」と見破られてしまい、その交渉が意味をなさないこともあります。

ですが、被害者側としては、警察に行くのなら美人局の加害者に対して逮捕や起訴まで進むことを覚悟しておく必要がありますし、それくらいしないと美人局の加害者にも危機感を与えられないということは知っておきましょう。

美人局の被害を警察に相談するときの4つのデメリット

冒頭で、美人局の被害について警察に相談をした際に、「こんなはずじゃなかった」と思うことがあるかもしれないと述べました。具体的にデメリットと考えられるポイントについてご紹介します。

1.家族や会社に美人局のことがバレる可能性が高い

弁護士であれば、弁護士であることを名乗らずに電話や訪問をしてもらうことも可能です。守秘義務があるため、家族に対しても秘密を守るため、美人局の被害に遭ったことなどは家族に知られずに解決に進んで行くことができます。

警察にももちろん守秘義務が課されていますが、弁護士とのケースのようにはなかなかいきません。警察に被害届などを提出した後は、事情聴取や証拠の提出、実況見分などが行われます。携帯や自宅に警察から電話がかかってくれば、それを受けた家族が何事かと思うでしょう。

また、実況見分などで警察と一緒にいるところを同僚や家族、知り合いに見られてしまえば、「何か事件に巻き込まれたのでは」と推測されてしまいます。「誰にも知られずに解決したい」と思っても、なかなか難しい一面があるのです。

2.捜査は義務ではない上、されたとしても秘密裏に行われる

警察は、被害届を受理しなければならないと定められています(犯罪捜査規範61条)。しかし実際には、なかなか受理してくれないケースもあるうえ、被害届を受理したあとに捜査をする義務については定められておらず、警察が不要と判断した場合には捜査が行われないこともあります。

美人局の被害について被害届を出したときも同じです。また、もしも捜査を開始したとしても、査は秘密裏に行われる上、基本的に被害者に進捗を報告する義務もありません。そのため、美人局について被害届を出して長期間経ってもなんの連絡もなかったのに、突然逮捕の連絡が来るということもあり得ます。

そのため、被害者としては捜査されているのかがわかりづらく、心では警察の対応を期待しながら、美人局の被害が止むことはない、という状況に陥ってしまう可能性もあるのです。

このように、警察が動くかどうかもわからない上に、動いたからと行ってすぐに逮捕になるわけではない点も知っておくべきデメリットのひとつと言えるでしょう。

3.事情聴取などなにかと煩雑

警察に相談した後の流れは、先ほど解説したとおり、事情聴取や証拠の提出、それから実況見分と進んでいきます。状況によっては被害者の立会いが求められることもありますが、平日の日中を指定されることもあり、社会人にとっては調整が難しく煩雑です。

特に実況見分は、美人局の被害者や加害者を犯行現場に集め、実際にどのような流れでどんな風に美人局の犯罪が行われたのかを検証して書類にするものです。とても重要な書類であることを考えると、できるだけ被害者としても参加しておきたいもの。

そうすると、日中に時間を空けなければならなくなるなど、何かと煩雑になることも覚悟しておく必要があるでしょう。

4.逮捕や起訴がされたとしても、お金を取り戻せるわけではない

美人局の加害者が逮捕され、起訴されて有罪になったとしても、だからといって自分が脅し取られたお金を取り戻せるかというと、それは全く別の話です。

警察に相談した先に待っているものは、有罪であったり処罰であったりしますが、奪われたお金の回収は刑事ではなく民事で行わなければなりません。加害者に返済を要求し、返済しない場合は民事裁判を起こすという選択肢があります。奪われたお金を取り戻すために役立つ専門家は、警察ではなく弁護士になります。

法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、親身に誠実に弱者を守ることをモットーとする日本一気軽に相談できる法律事務所ですのでお気軽にご連絡ださい。