アナタが風俗嬢から、「生理が来ないから調べてみたら妊娠していた。中絶費用を払って欲しい」と言われたら、こう思うことでしょう。

本当に自分がお腹の子の父親だろうか?

たしかに、誤って膣内に射精をしてしまったり、コンドームが途中で外れる、或いは破けるなどのアクシデントがおきてしまうこともあります。また、膣外射精した場合や避妊具をつけていた場合でも、妊娠を100%回避できるものではありません。

しかし、風俗嬢は多くの男性とひっきりなしに性行為をすることを生業としています。アナタと本番行為をしている以上他の男性に対しても同様に本番を許している可能性の方が高いでしょう。「あなたと以外は本番していない」「妊娠周期から逆算したらあなたと本番した時にできた子としか考えられない」このような台詞は信用するに値しません。

そこでここでは、風俗嬢から中絶費用などのお金を要求されたときの対処法を弁護士がわかりやすく紹介していきます。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

風俗での妊娠トラブル対処法

トラブルを長引かせない・無視はしない

妊娠22週目になると中絶ができなくなります(母体保護法)。トラブルが長引いたり、無視を決め込んだために、最悪のケースでは風俗嬢が出産せざるを得なくなります。

生まれた子がDNA鑑定により自分の子と判明した場合には、自分の子供として認知しなければなりません(民法787条 強制認知)。

風俗嬢と客という関係性でしかないのに、養育費や親権、育児、将来的には相続問題などが発生すれば双方にとって大問題であることは説明するまでもないでしょう

話し合いをする姿勢をもち、早急に解決に向けた対応をとる必要があります。

事実確認するまでは絶対に中絶費用を払わない

話し合いをする姿勢は大切ですが、風俗嬢の要求に安易に応じてはいけません

妊娠の事実確認もせずに中絶費用を支払う=早急に事態を収拾させたいと焦っている。風俗嬢の目にそう映ると、延々とお金を毟り取られる二次被害にあいます

二次被害の具体的な相談例

妊娠の確実な証明がされていないのに中絶費用を払ってしまったら…

  • ソープ嬢から「手術の影響で出勤できなくなったので休業補償をして欲しい」と言われています。
  • 中絶の影響で子供が産みにくい身体になったので慰謝料を払えと風俗嬢に言われています。
  • 「店にばれて、私が店から罰金をとられたのでその分を支払って欲しい」とデリヘル嬢から言われました。
  • 「払わないなら家族や職場に全部ばらす」「店長に言いつける」と脅されています。

こうならないよう、「妊娠を確認するまではびた一文払わない」という毅然とした態度が必要です。

事実確認をするためには、①産婦人科に同行して直接医師の口から聞く②病院の診断書を持参させる、最低でもこの2つのどちらかを風俗嬢に協力させましょう。

協力を拒むようであれば、妊娠詐欺の可能性が高いでしょう。以下の2つの記事をしっかりと読んでさらなる被害にあわないために備えておく必要があります

やり取りや画像は保存しておく

自分では手に負えなくなり、警察や弁護士に相談するときに、風俗嬢とのメールやLINEでのやり取りや添付画像は非常に重要な役割を果たします。

  • 「産婦人科で妊娠検査を受けた。」
  • 「中絶費用は○○万円と言われた。」
  • 「妊娠周期は○週目」
  • 「病院で既に中絶手術を受けてきた。」
  • 「お金を払って欲しい」
  • エコー写真や検査薬の添付画像

こういったやり取りや画像をもとに風俗嬢を追求し、嘘や矛盾点を暴くことも可能となります

警察に動いてもらうための証拠として、または、弁護士が風俗嬢と交渉するときの材料として必要となるものです。風俗嬢とのメール・LINEのやりとり、添付画像は絶対に消さないようにしましょう。また、電話で会話するときは、スマホの録音機能やアプリで必ず記録するようにしましょう。

穏便に解決したいなら弁護士に相談

妊娠していることの証拠(医師の診断書等)を求めてもそれに応じない風俗嬢もいます。この場合、上で述べたように、絶対に中絶費用は支払ってはいけません

しかし、支払を拒絶すると、「家族や職場へ全部ばらす」「風俗店に本番したことを言いつける」と風俗嬢から脅されることがあります。中には、「本番強要されたと警察に言う。強姦で刑事告訴する」と脅されたケースもありました。

携帯番号から個人情報を調査することは容易です。こういった脅迫が伴うケースでは、自宅や職場を調べられて連絡を入れられる前に弁護士に風俗嬢との交渉を一任した方が良いでしょう。

当法律事務所では、風俗での妊娠トラブルを、家族や職場に知られることなく穏便に解決することに最も力を入れて対応しています。トラブルが生じる前の平穏な生活に戻れるよう、弁護士が全力で依頼者を守りますので、お気軽にご相談ください。相談する勇気が解決への一歩です。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。