風俗店の規約に違反するする盗撮や本番行為などをしたことがばれた時、店側はまず免許証や携帯電話の番号などを押さえてきます。この対応は、悪質な店に限らずどの店でもほぼ同じ対応です

風俗店としては、お店のスタッフに害を及ぼすような迷惑な顧客はできるだけ排除して健全に運営をして行きたいと思うものです。そのため、本番のみならず盗撮などの風俗嬢が嫌がる行為をした顧客は個人情報を控えておき、常習など悪質な場合は出入り禁止にするなどのしかるべき対応を取っています。

このように、風俗トラブルの際にお店がお客の個人情報を控えておく正当な理由があるのですが、中には悪質な店も存在しますので注意が必要です。

ここでは、悪質な風俗店に免許証や携帯番号といった個人情報を知られてしまった場合に起こりうる犯罪等に巻き込まれるリスクと、知られてしまったらすぐにでも行うべき対策法について解説します。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

「携帯電話しか知られていない」が安心できない理由

個人情報が割り出せる

風俗、特にデリヘルを利用する場合には携帯電話の番号を必ず知らせますが、相手に知られているのが携帯電話だけだとしても安心はできません。携帯番号からは簡単に利用者の本名や現住所などが割り出せるからです。下の記事に詳しく書いてありますが、携帯電話番号から氏名と住所を調査して依頼者に提供する探偵興信所も数多く存在しています

嫌がらせや請求が止まらない

こうして携帯番号から個人情報がわかれば、相手はそれを徹底的に利用してきます。風俗トラブルに巻き込まれている利用客男性の多くは、それなりに社会的地位もあり家庭も持っている人も多いでしょう。例えば、風俗で禁止されている本番行為をしたり、さらには本番を強要したとされること(事実とは異なっても、店や女の子はこのように主張することが多くあります)が家族や会社にばれてしまえば、社会的な損害は計り知れません

その弱みに付け込んで「お金さえ払えば解決できる」「なんとか穏便に済ませたい」といった心理を巧みに利用して、搾り取れるだけお金を搾り取ろうとするのです。もしも下手に相手を刺激してしまえば、会社に来る・家に来るなど、嫌がらせを受けることもあるのです。

運転免許証のコピー、なぜ怖い?

身分証明証として典型的なのが運転免許書です。運転免許書は写真入りで現住所や生年月日など、最低限必要な個人情報が全て詰まっています。
携帯電話を知られてそこから個人情報を割り出されるのとは違い、運転免許証には個人情報がそのまま剥き出しで記載されていますのでより危険度の高い物であるうえに、実はそれ以外の危険性も否定できません。

情報を売られる可能性

風俗トラブルとは直接関係はありませんが、悪質なデリヘルは裏で暴力団などと繋がっていることがあります。一度免許証のコピーを取られてしまえば、そういった反社会的集団に個人情報を売られる可能性も否定できません。以前教育機関のスタッフが個人情報を業者に売却して逮捕された事件がありましたが、個人情報を欲しがる業者はたくさんいます。一度このような業者を通してしまえば流出元を特定することは困難と言われています。

参考:個人情報買います!売ります!名簿業者がやりたい放題すぎる

情報を元に詐欺を働くケースも

個人情報が詐欺集団などの犯罪者に渡ってしまえば、そこから二次被害を受ける可能性もあります。

個人情報の流出によって引起こされることとして、デリヘル詐欺と呼ばれる架空請求の被害にあうことがあります。これは、風俗を利用したことがある人に電話をしてきて、「以前あなたの相手をした女の子がヤクザの娘で~」「女の子は当時18歳未満で、親があなたを児童買春禁止法で訴えると言っている~」などの嘘の話で示談金名目などでお金を騙し取る詐欺です。

先に述べたように、携帯番号から住所や氏名を割り出せるほか、風俗トラブルを起こして免許証の控えをとられたことがあるような場合は、住所や氏名・携帯番号がセットで詐欺業者の手に渡っていることもあるので対策をとる必要があるでしょう。

免許証のコピーからサラ金で借り入れされることはない

運転免許証の情報を風俗店関係者に渡してしまうリスクは上記で説明したとおりですが、相談者の方の中には、免許証のコピーでサラ金(消費者金融)から勝手に借り入れされるのではと不安を抱える方もいます。

しかしこの点については心配は不要となります。

なぜなら、サラ金は、店舗での対面での借り入れ契約(法律上は消費貸借契約といいます)の場合はもちろん、無人機での契約の場合もカメラで顔を確認しています。免許証のコピーの顔写真と異なっていればお金を貸すことはありません。

さらに、風俗店で免許証のコピーをとられた者が、自動車ローンやクレジットカードのカードローンなどを利用したことがある場合は、JICCやCICといった信用情報機関に住所・氏名・勤務先・自宅固定電話番号などあらゆる情報が記録されています。消費者金融でお金を借りる場合も、この信用情報機関の情報と照らし合わせて間違いなく本人であるかどうかの審査が行われます。

つまり、本人以外が無人機で他人になりすまして借り入れをしようと考えても、免許証所有者本人の様々な個人情報を把握していなくてはならないのです。仮にそれらの情報を所有者本人から聞き出せたとしても、先に述べたとおり顔が違いますので審査に通ることはないでしょう。

参考:他人の免許証でお金を借りるのはできません!

もし風俗店関係者が免許証を変造して写真を変えた場合は、公文書偽造(刑法155条)になりますし、他人の個人情報を悪用して契約書を作成すれば私文書偽造の罪(刑法159条)にもなります。また、本人以外の者が勝手に結んだ契約は無権代理といって本人に支払義務は生じませんので安心してください(民法113条)

個人情報を守るために取るべき対策

悪質な風俗店に個人情報を渡してしまえば、これまでに書いてきたような被害がおきかねません。風俗トラブルを解決することは最優先ですが、さらに個人情報を守るためにできることをまとめました。

クレジットカードは再発行の手続きを

風俗で本番トラブルに巻き込まれた依頼者の中には、その場で身分証明証だけではなくクレジットカードまで取られた人もいました。

クレジットカードはインターネットでも簡単に使えますし、また、風俗の利用でクレジットカード決済したときにスキミングの被害にあう事件も実際にありますので、クレジットカードを取り上げるような悪質風俗店も同様のことをする可能性は十分にあります。

参考:都内の風俗店でカードを『スキミング』、客のデータを盗み取り。

クレジットカードを取られた場合は盗難にあった時と同じく、まずそのカードを利用禁止にすることが大切です。クレジットカード会社のホームページなどに、紛失した時の連絡先などが載っています。とにかく早く利用停止をして再発行をするようにしてください。

携帯電話の契約を他人名義に変更する

携帯電話は解約したり番号を変更しても、その電話回線と番号が紐づいた情報が携帯会社に残っている限り探偵事務所や興信所経由であっさりと個人情報を割り出されてしまします

風俗関係者に割り出される前に、その電話回線を別の人に名義変更する手続きを携帯ショップで行えば、少なくともご自身の個人情報が知られることはありません。

ただし、その名義変更を頼まれた人の個人情報は相手に知れることになりますので、風俗トラブルが起きた場所から極力遠くに住む親戚や友人などに頼るしかありません。風俗店関係者に住所を知れたとしても、地理的にそう簡単に押しかけて来られないような遠方の場所でなくてはならないからです。

弁護士を間に挟む

風俗店や女性に、免許証や保険証のコピーをとられたりスマホで写真をとられてしまった場合、既に個人情報を把握されてしまっていますのでご自身で対応するのは厳しいでしょう。また、携帯番号しか知られていない状況でも、上記の名義変更による対策法がとれない事情の方もいると思います。

そのような場合は、弁護士を間に挟むことで、その弁護士から相手方に、自宅や勤務先へ訪問したり電話等の連絡を一切しないよう厳しく警告を与えてもらえます。風俗トラブルに強い弁護士であれば、最終的には相手の手に渡ってしまった依頼者の免許証や社員証のコピーや写真などを全て破棄させ、情報流出をさせないよう取り決めを交わすことも可能です。

当弁護士事務所では親身に誠実に、そして、家族や周囲の人に知られることなく風俗トラブルの解決を図れますので、どうぞお気軽にご相談いただけたらと思います。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です(弊所無料相談規定により無料相談を承れない場合もございます)
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 家族や職場に知られずに弁護士が早急に解決します
  • 風俗トラブルの専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
法律問題・トラブルで悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。